タロット占いとは

占いには、命術・相術・卜術の3種類があります。

命術は生まれた年、月、日、時間などを用いる占いで、いわゆる「星占い」や気学などがこれに当たります。

相術は「相」、つまり何かの様子・ありさまから運勢などを判断する占い方法で、一例としては手相占いや姓名判断、コーヒー占いなどがあります。

卜術は偶然にあらわれた象徴を用いる占いで、タロット占いはここに含まれます。他には易占、ルーン占いなどもあります。

ざっくりとした説明になりますが、タロット占いでは質問を頭に浮かべながらカードを混ぜ、占う前に決めた並べ方(スプレッド)に従ってカードを並べます。

そして、現れたカードをリーディングしていきます。

paragraph

卜術は「偶然にあらわれた象徴」を用いると一般的には言われていますが、タロットカードは(易もルーンもですが)決して「偶然」出てくるわけではありません。

かと言って、占い師が念力みたいなもので出しているわけでもありません。

とても困っている時にふいに相談に乗ってくれる人が現れたり、突然良いアイデアが浮かんで行動に移してみたらうまくいったり…というようなことは誰しも経験があると思います。

そんな時、「何かはよくわからないけれど、見えない何かが助けてくれたのかも」と感じることはありませんか?

ある人はそれを「運が味方してくれた」と考えるかもしれませんし、別の人は「亡くなったおばあちゃんが応援してくれた」と思うかもしれません。

捉え方は様々ですが、こうした見えないものの力がタロットカードの出現には関わっています。

 

※タロット占いや占い全般に対してよくいただくご質問をこちらにまとめています。よかったらご参照ください。